隙間からみつけるフェレット

フェレットフードの選び方は?成分や原材料を把握しよう

The following two tabs change content below.
もずなっと

もずなっと

フェレット飼育歴10年。現在はパスバレーのとらくんとマウンテンビューのむぎちゃんと一緒に生活しています。 人とペットがもっと幸せに暮らすため、ペットアバウトを通して情報を発信しています! もっともっと世間にフェレットの魅力や可愛さを知ってもらうためにがんばります!

フェレットの健康を保つためには毎日の食事が重要です!
良質なフードを与えて健康で長生きしてもらいたいと思いますよね。

フェレットは肉食で、消化管が短いため食べたものはおよそ4時間で排出されます。
そのため短時間で消化と吸収ができる動物性たんぱく質、動物性脂肪が高いものが良いと言われています。

反対に消化に時間がかかってしまう繊維質はフェレットに負担がかかってしまうためなるべく低いものを選ぶようにしましょう。

フェレットフードの選び方

フェレットは肉食で、消化管が短いため食べたものはおよそ4時間で排出されます。そのため短時間で消化と吸収ができる動物性たんぱく質、動物性脂肪が高いものが良いと言われています。

反対に消化に時間がかかってしまう繊維質はフェレットに負担がかかってしまうためなるべく低いものを選ぶようにしましょう。

目安としては、動物性たんぱく質が35~40%、動物性脂肪18~20%、繊維質は4%以下のものが最適と言われています。

フェレットフードの成分

動物性たんぱく質は筋肉や臓器の他にホルモンや酵素の材料になるなど欠かせない栄養素となり、体内で生成されない多くの必須アミノ酸を含んでおり、低たんぱくな食事を続けると、筋肉を減らし体重が低下する原因となります。

動物性脂肪は活動に必要なエネルギー源でこちらも欠かせない栄養素です。

魚原料も、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸であるを多く含みます。
オメガ3脂肪酸(EPA、DHAなど)はフェレットの皮膚や被毛、毛並みを美しく維持するために大切な栄養素となります。

肉食動物のフェレットでも肉(動物性たんぱく質)ばかりを食べているわけではなく、ネズミなどの胃の中に残っている大豆などの食物も一緒に摂取して栄養としていたことから、穀物からミネラルやビタミンを摂取していました。

そのため良質で摂取しやすい穀物は少量であれば大切です。
ですが、穀物などの炭水化物は消化しにくいためなるべく少量で抑えるようにしましょう。

フェレットフードの原材料

成分も大切ですが原材料もしっかり確認するようにしましょう。
表示されている栄養成分がいいのに、原材料がフェレットに合わないフードも見かけます。

動物性たんぱく質の代わりに植物性たんぱく質を多く使用し、たんぱく質の量を増やしているものもあります。

植物性たんぱく質が必ずしもダメというわけではありませんが、原材料として1番先に書かれているものが動物性たんぱく質ではなく植物性たんぱく質であるなら避けるようにしましょう。

成長ステージに合わせたフード選び

抵抗力の弱いベビー期、活発で運動量の多いアダルト期、体内の機能が衰えてしまうシニア期では必要な栄養素が変化します。

生後3ヶ月頃より少しずつアダルトフードを増やし生後半年になる頃にはアダルトフードを与えると良いでしょう。

3歳半頃から少しずつシニアフードを増やし4歳にはシニアフードを与えるようにすると良いとされています。

フェレットフードは2~3種類ブレンドして与えることが推奨されています。

まとめ

まとめ

  • 動物性タンパク質(35~40%)、動物性脂肪(18~20%)となるべく多いもの
  • 植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質を使用しているもの
  • 穀物(4%以下)、炭水化物がなるべく少ないもの
  • 必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンなどがバランスよく配合されているもの
  • フェレットの成長ステージに合わせたフード
  • 常時フェレットフードを2~3種類ブレンドして与えましょう

広告

広告

関連コラム一覧