買いたい 2018.12.27

ハリネズミが便秘になったら?乳酸菌パワーでリスクを回避!

飼っているハリネズミが便秘気味みたいだけど大丈夫?
そう心配している方も多いでしょう。

ハリネズミの便秘を解消するためには乳酸菌が効果的です。
水分補給、適度な運動、そして乳酸菌パワーでハリネズミの便秘もきっと解消できますよ!

ハリネズミも便秘するってホント?!

ハリネズミは1日の間に、とてもたくさんのうんちをします。
夜中、飼い主さんが寝ている間にエサを食べてはうんちをし、回し車で運動しながらでもうんちをします。

朝起きると、ケージの中に意外にたくさんのうんちが落ちていることに気づくことも多いものです。
回し車にもついていたりするので、毎日の掃除が欠かせません。

でも、毎日たくさんのうんちが落ちていたケージの中をある日見てみると、「いつもより量が少ないかな」と感じることありませんか?

「掃除が楽だ、ラッキー」と喜んでいたらちょっと待ってください!
それはハリネズミの体調の異変のサインかもしれません。

ハリネズミの便秘のサインは?

もしハリネズミのうんちの量がいつもより明らかに少なかったら、もしかしたら便秘かもしれません。
ハリネズミも便秘するの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、ハリネズミでも便秘するんです。

1日の排泄量が少ないのは便秘を疑う1つの目安になりますが、ハリネズミが踏ん張ってもなかなか便が出ない場面に遭遇したら、それも便秘の明確なサインと考えていいかもしれません。

便秘が続くとお腹が膨らんできたりもするので、だんだんお腹が大きくなってきたら腸内に便がつまっている可能性があります(ただの肥満という可能性ももちろんありますが)。

ハリネズミが便秘になる原因

ハリネズミが便秘になるには、原因があります。
ハリネズミも好んで便秘になる訳ではありません。

原因は主に次の3つが考えられます。
  • 水分不足
  • 運動不足
  • 異物誤飲

うんちの7~8割ほどは水分でできているため、水分が不足しているとカラカラになってしまい排便しづらくなってきます。

排泄できなかった便が腸内にどんどんたまってくると、腸内環境が悪くなり悪玉菌が増える原因にもなります。

また運動不足になると腸の蠕動運動が鈍くなり、便秘になりやすくなります。
特に飼育下のハリネズミは運動不足になりがちなので注意が必要です。

そして、部屋の中をお散歩させている間に小さなゴミなどを飲みこんでしまったり敷材を食べてしまったりすると、消化できずに腸内にたまってしまい便秘になってしまう恐れもあります。
異物がたまってくると腸閉塞になることもあり、手術が必要になる場合もあります。

ハリネズミが便秘になるとどうなる?

便秘になり、それが何日も続くとハリネズミは食欲不振になってやがて栄養不足に陥ってしまいます。

栄養不足になれば、可愛いマルマルとしていた体型がほっそりとしてきて免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなることもあります。

ハリネズミは自分の病状や悩みを言葉で表すことができません。
症状が悪化して、気づいた時には一大事になっていたなんてことも、、

そのため、なるべく早い時期にハリネズミの悩みを解決してあげることが必要になってきます。

ハリネズミの便秘解消法

それではハリネズミの便秘を解消してあげるためには、何が必要なのでしょうか?
以下にあげることを実践して、ハリネズミの便秘を解消してあげましょう!

「十分な水分補給」「適度な運動」「マッサージ」

十分な水分補給 ハリネズミの中にはボトル型の水の給餌器がわからずに水分を摂れない子もいます。
もし飲んでいる形跡がない場合は、大きくて重い水用のお皿を用意してあげてください。
栄養成分を含んだハリネズミ用の水も販売されているので、それをあげてみてもいいかもしれませんね。
適度な運動 ハリネズミは回し車が好きで、夜中になると動き回っていることが多いですが、稀にあまり回し車で遊ばない子もいます。
そういう子の場合は、部屋の中に放し飼いにしてなるべく遊ばせるようにしましょう。
ハリネズミは好奇心旺盛なので、最初は警戒して動かないこともありますが、慣れてくればお尻を振って動き回ってくれます。
マッサージ 慣れてくればお腹のマッサージもできるようになりますが、最初のうちはなかなか抱かせてくれなかったりお腹を見せるのを嫌がる子もいるので、無理してマッサージする必要はありません。
間違ったやり方でやってしまうとストレスを与えてしまうことにもなるので、馴染みのペットショップの店員さんや獣医さんに相談してやるようにしてくださいね。

食事で解消

ハリネズミの便秘を解消するには、実は食事内容の見直しが一番大切になってきます。

一般的にハリネズミの便秘にはリンゴが良いと言われています。
しかし、食べない子もいるため必ずしもおすすめできるとは言えません。

それから無脂肪のヨーグルト(プレーン)も良いとされていますが、下痢をしてしまう子もいるため、初めてあげるときは便にいつもと変わったところがないか観察してみましょう。

総合的に判断して、一番簡単で一番効果的な方法はズバリ、

「乳酸菌パウダー」をハリネズミのごはんに混ぜてあげること

です。

乳酸菌は整腸作用があって便通改善にとても効果的なので、便秘のハリネズミにもおすすめです。
しかも免疫力も向上するので、栄養不足気味の子にも栄養補助食としてあげることもできますよ。

アリメペットプラス フクロウモモンガ・ハリネズミ用乳酸菌パウダー

乳酸菌のすごいパワーで便通も改善

乳酸菌についてもう少し詳しく説明しましょう。
乳酸菌とは食べ物から摂取した糖類を分解して、乳酸を作る細菌のことです。

乳酸菌といえばビフィズス菌が有名ですが、それ以外にも数百種類あるとも言われています。
その中でも善玉菌であるビフィズス菌などの乳酸菌は、腸内環境を整えてくれるとても大切な菌なのです。

具体的には、悪玉菌を抑制し善玉菌を増殖させることで便の水分が増え、腸の運動を活性化させて排便がしやすくなってきます。
この理屈は人間でもハリネズミでも変わりません。

それから免疫力を向上させたり、中性脂肪や血中コレステロールを低下させる役割も担っています。

乳酸菌によってスムーズに排便できるようになれば、ハリネズミも便秘によるストレスもなくなり、また元気にエサを食べてくれるようになるはずです!

簡単にあげられる乳酸菌パウダーが断然おすすめ!

ペットショップやネット通販を見てみると、ハリネズミ用の乳酸菌を含んだサプリメントやエサが売られていることがあります。

ハリネズミは好き嫌いの多い生き物ですので、固形のサプリメントやエサをあげても食べない子もいます。
しかし、パウダー状であれば、通常の好きなエサに乳酸菌をふりかけてあげることで食べてくれる子もぐっと増えてきます。

便秘になる大きな原因に水分不足がありますので、エサを水でふやかし、乳酸菌パウダーを混ぜてあげることで更に、便秘の解消に役立ってくれますよ。

アリメペットプラス フクロウモモンガ・ハリネズミ用乳酸菌パウダー
原材料には、フェカリス菌という乳酸菌(小腸にすみ付きビフィズス菌などの増殖をサポート)の他に、ビール酵母、オリゴ糖、ササミの粉末、チーズの粉末などの栄養成分も含まれているので、総合栄養補助食としても優れています。

栄養成分も、
タンパク質 16.4%
脂肪 8.8%
繊維 0.1%
を含んでいるため、あまりエサを食べない子でも乳酸菌パウダーをふりかけてあげることで不足分の栄養を補うこともできます。

1回の食事にスプーン1杯程度で保存もきくため、長持ちします。

もちろん、ふやかしたエサに混ぜても食べない子も少なからずいますが、固形のサプリメントより格段に食べやすいため便秘に悩む子がいたら、試しにあげてみてください。
便秘が治っても栄養補給としてもあげられるため、しっかりと使い切ることができますよ。

毎日のスキンシップで体調のチェックを

動物を飼っていて、一番気にかけないといけないのは体調の異変です。
人間の子供ならどこか体が悪ければ泣いたり訴えたりしてすぐに気がつきますが、動物の場合は飼い主さんが積極的に体調をチェックしてあげなければ異変に気付くことができません。

お腹がいつもよりちょっと張っているみたいだけど、大丈夫かな?
肛門が少し濡れてて汚れてるけど下痢してるんじゃないか?

といったちょっとした異変は、毎日スキンシップをしていることで敏感に気付いてあげられます。

ハリネズミたちが元気に毎日遊べるのも、飼い主さんの日頃のケアがあってこそです。

あれ?便秘かな?
と思ったら、食事の改善や運動不足の解消を行ってあげてください。
きっと、ハリネズミも口では言わないけど感謝してくれると思いますからね。