知りたい 2018.01.15

ハリネズミの寿命が長く健康でいられるためにチェックしておきたいポイント

ハリネズミに限らず、人にとっても健康を維持することはなかなか難しいものです。
普段何気なくしていることでもあまり健康によくなかったり、逆に健康増進にとても役立っていたりもするものですよね。

ハリネズミの健康のために、私たちは日頃からどんなポイントをチェックすればいいのか。
知っているのと知らないのとでは、長い目で見ると意外と大きく違ってくるものです。

チェックポイントを一つ一つ確認して、ハリネズミの健康に役立ててください。

ハリネズミの寿命はどれくらい?

外敵の有無や生活環境によって違いますが、野生下のハリネズミの場合、その寿命は平均3年程度と言われています。
一方、飼育環境下でのハリネズミの寿命は5年~10年ほどと、野生のハリネズミの倍以上も長生きします。

外敵がいない、定期的に美味しいごはんを与えられる、となると寿命が長くなるのもうなずけます。
しかし、飼育の環境が悪かったり(ストレスがある、掃除がマメにされていないなど)栄養バランスの悪いごはんばかりが与えられるとなると、その寿命は必然的に短くなってしまいます。
場合によっては野生下のハリネズミよりずっと短い一生を終えることになってしまうこともあります。

たとえ長い寿命を全うしても、病気が多く健康寿命が短ければ長生きすることがハリネズミにとって本当に幸せなことなのか、ハリネズミに聞いてみないと分からない部分がたくさんあります。

ハリネズミの健康管理でチェックしておきたいポイント

それでは私たちがハリネズミの健康を管理する上で、気をつけないといけないことはどんなことなのでしょうか?
チェックしておきたいポイントをまとめましたので、一つ一つ確認してみてくださいね。

ポイント① 部屋の温度や湿度は適切か

ハリネズミにとって生活環境の温度はとても大切です。
寒さや暑さにはとても敏感なため、常に25~29℃に温度管理をする必要があります。

湿度は40~70%くらいが適当で、なるべくクーラーや扇風機の風が当たらない場所にケージを設置するようにしましょう。

ポイント② ストレスフリーな飼育環境か

ケージの側に大きな音のするステレオがある、テレビがある、あるいはドアの開け閉めの音がとても大きいと、ハリネズミに恐怖や不安を与えてストレスがだんだん溜まってきてしまいます。

人間と同じように、ハリネズミもストレスがたまると体調を崩してしまいます。
だんだん食欲がなくなり、栄養不足に陥って、皮膚病や内臓疾患など様々な病気を誘発してしまうことになります。

そのため、ストレスフリーな環境でハリネズミを飼うことも大事なポイントの1つです。

ポイント③ 適度な運動をしているか

野生のハリネズミは1日に3~5kmほど走ると言われています。
エサを求めて長い距離を移動する野生のハリネズミにとって、運動不足とは無縁な生活を毎日送っています。

しかし、飼育下のハリネズミにとって運動不足はけっこう深刻な問題です。
夜にたくさん回し車で走り回っても野生の移動距離の長さにくらべると、どうしても不足しがちになります。

それを解消するために、部屋の中を散歩させたりして、肥満にならないように配慮してあげることがどうしても必要になってきます。

ポイント④ バランスのとれた食事を与えているか

ハリネズミの健康寿命にとって、バランスのとれた食事、一方に偏り過ぎない栄養バランスの良いごはんを食べることが何よりも必要になってきます。

体の健康は食事から作られます。
これはすべての生き物に共通の条件と言っても過言ではありません。

脂肪の多いごはんばかり食べていれば肥満になり、タンパク質が不足していれば体を作ることができず、健康の維持がとても難しくなってきます。

ポイント⑤ フンなど排泄物に異常はないか

フンがいつもよりも柔らかかったり色が違っていれば、もしかしたら何らかの病気のサインかもしれません。
下痢をして水のような便が出ていたら、餌が腐敗していてお腹を下している可能性があります。

夏の盛りの時期や冬場に動物用ヒーターを長時間使用していると、ウェットフードなどは特に腐りやすくなります。
また、緑色のフンが出ているときも下痢をしている可能性があるため注意が必要です。

フンの量がいつもより明らかに少ない場合も、体の異常を疑った方がいいかも知れません。
最も多いのが、異物をご印したことによる腸閉塞です。

部屋の中をお散歩している途中に、知らない間に小さな異物を飲み込んでしまう場合があります。
腸の中でずっと消化されず、腸閉塞で便秘になってしまいます。

それからメスのハリネズミの場合は、怖いのが子宮の病気です。
子宮の病気にかかると、血便が出ることがあるため、ケージの中で血のついたフンがあったら肛門の周囲に傷など付いていないかをチェックし、すぐに動物病院へ連れて行って獣医さんの診察を受けさせましょう。

ポイント⑥ 歩き方など行動に異常はないか

いつもと違って歩き方に違和感がある、あるいは足を引きずったような歩き方をしている。

そういう時は体の異常を疑ってみましょう。
毎日見ていればちょっとした違和感にも気づくものです。

まずチェックしておきたいのは、引きずったりビッコをしている足に怪我や骨折がないかどうかです。
夜中に回し車で回っているときに、隙間に足を挟んだりすれば怪我の元になります。

また、爪が長いままだとケージの網に爪を引っ掛けて、怪我をしたり骨折をすることがあります。

歩き方の異常で最も気をつけないといけないのが、ふらつき症候群(WHS)です。
ふらつき症候群は原因不明の神経系の難病です。
歩き方や行動に異常が見られたら病院で正確な診断をしてもらい、飼育方法などについて相談してみましょう。

ポイント⑦ 肛門の周りに汚れはないか

下痢など消化器官の病気があると、肛門の周辺が濡れたり汚れたりします。
肛門や性器の周辺に汚れがあったら、まず排泄物をチェックし体を触って痛がるような箇所がないかも見てみましょう。

しばらくしても、同じような状態が続いていれば体のどこかに異変がある証拠です。
肛門の周囲に傷などがあれば、綺麗に拭き取り、細菌などが侵入しないように清潔に保つことも必要です。

ポイント⑧ くしゃみや鼻水は出ていないか

季節の変わり目や、室温が低い状態が続けばハリネズミも風邪を引いてしまいます。
くしゃみが出たり鼻水が出たりして、だんだん食欲もなくなってきます。

ハリネズミにとって適温は24℃~29℃くらいと言われています。
それより低い室温に置いておくと、人間にとっては快適でもハリネズミにとっては生命に関わる事態にもなります。

低温状態が続けば、ハリネズミも冬眠してしまい、体に大きな負担がかかりその後の健康にも大きな影響を与えることになります。

もし鼻水が出ていたり、頻繁にくしゃみをするようなことがあれば、室温を確認し、ハリネズミにとって快適かどうかを常に確認する習慣をつけておくことが大事になってきます。

ポイント⑨ 体重に変化はないか

体重の変化は体調の変化を知る重要なポイントにもなります。

餌の好みが変わったせいであまり食べずに体重が減ったのであれば、餌を変えることで問題は簡単に解消します。

しかし、餌を変えてもあまり食べず徐々に体重が減っていくようであれば、病気か高齢によるからだの衰えと考えていいかも知れません。
まだ若い子であれば、病気の可能性を疑ってみましょう。

ハリネズミの健康維持の基本はやっぱり食事

人や動物の体を作るのは、栄養バランスの整った食事です。

食事によって体を作り、食事によって健康を維持する。
そう言っても過言ではありません。

ハリネズミ専用フードをしっかりとあげていれば、健康に大きな問題をもたらすことは少ないですが、ハリネズミにも食の好みがあり、その子によって嗜好はだいぶ違ってきます。

こちらがいくら栄養があるからと口をすっぱくして言っても、人間の子供のように渋々食べるなんてこともありませんよね。
ハリネズミは食べたいものを食べ、食べたくないものは頑なに食べません。

そのため、どうしても栄養に偏りが生まれやすくなります。

ハリネズミの健康維持のサポート役は栄養バランスを整えるアミノ酸で

そんな時に役に立つのが、おやつや栄養補助食品です。
特に栄養のバランスを考えに考えて作られた栄養補助食品は、ハリネズミの健康にとって大きな味方になります。

その中でも、健康維持に最適なのがマルカンのcasa エッセンシャルペーストアミノ酸です。

アミノ酸は栄養素の根幹でもあるタンパク質の材料になります。
また、
①免疫力がアップ ウイルスなどの感染症にも強くなり、健康を脅かされるリスクもぐっと減ってきます。
②疲労回復効果、筋肉修復効果、脂肪燃焼効果 体力が落ちてきたシニアのハリネズミでも病気になりにくい健康な体を維持するのに一役買ってくれるでしょう。
このアミノ酸には基礎代謝を高めてくれる働きもあるため、血液の循環も良くなり、脂肪が燃焼しやすくなります。

ペースト状になっているため、おやつ感覚であげられるため好き嫌いの多いハリネズミでも、喜んで食べてくれるはずです。
普段食べている餌に混ぜてあげることで、簡単に栄養バランスの良い食事ができるようになっていますね。

マルカン casa エッセンシャルペースト アミノ酸


ハリネズミの栄養を整える!アミノ酸で肥満や病気を防止したい
ハリネズミの健康は飼い主である私たちにとって、大きな関心事の1つです。ハリネズミの健康維持に必要なのは栄養バランス。中でもアミノ酸のパワーが健康の維持に大きな役割を果たします。免疫力のアップ、脂肪の燃焼などアミノ酸パワーを詳しく解説します。

毎日の健康チェックは良い信頼関係があってこそ

ハリネズミの健康状態を毎日チェックするには、信頼関係がないとなかなかできるものではありません。
そのため、飼い始めてまだ間もない頃では、少し難しいかも知れません。

まだ飼育環境や飼い主さんの臭いに慣れていないうちは、無理して健康のチェックをする必要はありません。
無理して行うことで余計なストレスを与えてしまい、それが体の負担になって病気の原因にもなります。

まずは、温度の管理や排泄物の状態など、見ただけでチェックできる点を毎日行うように心がけてください。
だんだん飼い主さんとの信頼関係を築いていければ、スキンシップによって毎日の健康状態をチェックできるようになります。

ハリネズミとの信頼関係が成立したら、上記にあげた点を一つ一つチェックして健康の維持に役立てていってくださいね。

まとめ

動物の健康管理は簡単なようで難しく、難しいようで意外に簡単に思えるときもあります。

自分の思うように、自由にのびのびと動いているのがハリネズミの可愛らしくいじらしいところでありますが、健康を考えてバランスの良い食事を与えてもちゃんと食べてくれないことも多く、その点がなんとももどかしく感じたりしますよね。

それでも少しでも長く、健康的に過ごしてもらいたい!と思うのが飼い主さんたちが共通して思っていることです。
日頃から健康のチェックをして、少しの異変にも気づけるように信頼関係を築いていってくださいね!

ハリネズミの栄養を整える!アミノ酸で肥満や病気を防止したい
ハリネズミの健康は飼い主である私たちにとって、大きな関心事の1つです。ハリネズミの健康維持に必要なのは栄養バランス。中でもアミノ酸のパワーが健康の維持に大きな役割を果たします。免疫力のアップ、脂肪の燃焼などアミノ酸パワーを詳しく解説します。
ハリネズミ関連記事